親友危篤の連絡を受け福岡の病院へかけつけ、1週間福岡へ滞在し、病状が少しおちつきかけてきた頃、名物のもつ鍋を食べてみたくなり、ホテルの紹介で西中洲店へ。野菜タップリスープの味の良さ、とうがらしの甘みのある辛さ、チャンポン麺のシコシコ感、食べてる間はすべてを忘れてしまいました。自分だけ食べては、留守番している家族に申し訳なく、翌日病院の公衆電話にて注文。到着日は自分の帰宅にあわせ、自宅にてまた食べました。友人も回復に向かっています。