女将秘伝の美容もつ鍋レシピ

⇒楽天地秘伝のもつ鍋スープをお持ちの方必見!!
醤油ベースのもつ鍋スープの使い方です。
お持ちでない時は、お醤油にみりんを足して代用してください。

✔準備するもの

楽天地秘伝のスープパック1袋
お湯900cc
モツ(200㌘)
豚バラ肉(100㌘)
鶏モモ肉(100㌘)
野菜(冷蔵庫にあるものでOK)
白菜、水菜、白ネギ、キャベツ、ニラ、人参、春菊、玉ねぎetc
キノコ
お豆腐
マロニー

✔レシピ

① お鍋に野菜を敷き詰める
② 楽天地秘伝のスープパック一袋を入れる
③ お湯900cc注ぐ
④ 火を付ける。強火でお野菜が半分透き通るくらいまで煮る。
⑤ キノコ、お豆腐、モツを入れ、3分ほど煮る
♪♪♪できあがり♪♪♪
※スープが多くて吹きこぼれそうな場合は、予め別の容器にスープを取っておいてください。
※〆にチャンポン玉を入れたり、ご飯を入れたりする場合に、スープを戻してください。
※具がなくなったら、ご飯を入れ、しばらく火を通し、溶き卵を1玉入れ、弱火でフツフツ言ったら火を止めます。お好みで刻みネギやお海苔をかけて召し上がれ。

 

冷えは百害あって一利なし

ずいぶん肌寒くなってきましたね。
今年流行ったノースリーブ、サンダルで足首や肩を冷やし
アイスコーヒーやキンキンに冷えたビールで胃の中を冷やし
冷房の中で1日中過ごした貴方。
体がダルくてしょうがないと感じる日もあったはず。

冷えは万病の元と言われています。
一旦体が冷えてしまうと、肌はガサガサ。血流が滞るので、むくみやすくなる、顔色が悪い。
基礎代謝が悪化し、痩せにくくなる。
「そんなに食べてないのに、ぜんぜん痩せない!!!!」
そう思い当たる方は、どうかこれからのコラムにお付き合いください。
何かしらヒントが見つかるかもしれません。

アラサーは冷えと仲良し

アラサー世代は、脳と腹部が冷える「内蔵型冷え性」が多くなるそうです。
ストレスなどにより自律神経が乱れると、血管が収縮され全身に血流が回らなくなる。
これが内蔵冷えに影響します。
毎回生理痛がひどい方は要注意です。
お腹が冷えていると、子宮や卵巣の機能低下を招きます。
また、冷えと不妊の関係も、様々な分野でとりあげられています。
確かに、不妊には色んな要素が絡んでおり、冷えだけで説明できないところがあります。
ただ、「体が冷えて快調です」という人はまずいません。

お腹の中からポカポカ

身体を温める為に厚着をしたり、お風呂につかったり、運動したりすることも大事です。
ただ、女性はもともと体を冷やす脂肪がつきやすいため、太ると外から温めても脂肪に邪魔され、体が芯まで温まらなくなってしまいます。
そこで提案したいのは、胃の中からぽかぽかにすること。
そこででてくるのが、そう。
皆さんやっぱりかとお思いでしょう、ずばり「お鍋」です!!!!!

カプサイシンの相乗効果を利用せよ

もつ鍋でもそうなのですが、お鍋には是非「赤唐辛子」を入れてください。
赤唐辛子の辛味成分を摂取すると、アドレナリンなどのホルモンが分泌され、脂肪燃焼が盛んになり、代謝が活性化することで一時的に体温が上昇すると言われています。
運動した時のようにエネルギーを消費してくれるので、
ダイエットにいいとされているのです。
また、老廃物の排泄を促し、新陳代謝を高める事で、
疲労回復、疲れにくい体作りにも効果が期待できます。

まあ、なんという魔法のスパイスなんでしょう!
ただ、食べ過ぎるとお腹をくだす方もいらっしゃいますので、
何事もほどほどに(笑)

緑黄色野菜で血液もサラサラに

もつ鍋の中に入っている「ニラ」も、癖のあるわりには、かなりの美容威力を発揮する食材だと言えます。
ニラには
ビタミンB群、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維と
主な成分がみな美肌のためになるものばかりです。
また、抗酸化作用としてお肌の老化、劣化を防ぐ、予防するという効果も期待できます。

食物繊維が多いという観点から、
整腸作用や、殺菌作用もあり、便秘や下痢に効果があります。
また、殺菌力が大変強いと言われているので、風邪になりにくいです。

ニラはもともと、切っても切ってもまたそこからすぐに伸びてくる、
生命力のとても強い食物です。
この生命力をどんどん体に取り入れて、アンチエイジングしましょう。

モツのお陰でぷるぷる無敵肌

最後に主役のお肉、モツです。

モツはご想像の通り、細胞の再生や成長を促進してお肌に良いとされているビタミンB2を多く含み、コラーゲンが豊富。
また、亜鉛や鉄分を多く含むので、貧血気味の女性には特にお薦めです。
また、肌、髪、爪を健康に保ち、かつ成長を促進します。

 

最後に湯気!?

食材の効能を色々と書いてきましたが、
お鍋の一番良い所は、家族、お友達、気の合う仲間たちと1つのお鍋を食べる事で
連帯感が産まれるという事です。

お鍋を囲む人たちに笑顔じゃない人はいません。
1つの物を皆で分けあうこと。
美味しい物を楽しく、感謝して食べること。
この行為自体が、まさしく、健康で美の道に繋がると思っています。

どうか、皆さんのご家庭で、色んな物を追加して
美味しく楽しいお鍋タイムをお過ごし下さい♪♪

いいアイデアが浮かんだら、是非教えてくださいね。
出典 http://blogs.yahoo.co.jp/sthnj313/39916472.html
http://udemakuri009.com/bihada/nira.html

女将:水谷美穂

   

◆サイトマップ